無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |

    体育館照明の考え方

    0
      本日は、当社が考える

      大型LED照明

      のあり方について記載致します。

      私共含め、昨今大型のLED照明を販売する企業が増え
      工場、体育館等高天井の場所に導入する機会が多くなっております。

      水銀灯などからLED照明に交換する際のメリットは各社様より数多く情報がでており、みなさまも既にご存じの方が多いのではと感じるようになってまいりました。
      そこで、情報が少ないデメリットの「眩しさ(まぶしさ)問題」に焦点をおきご紹介致します。

      体育館では様々な運動、スポーツが行われているのですが工場や倉庫と同じタイプの照明が使われていることが多いと思います。
      運動、スポーツは工場や倉庫など作業の事を考えた照明と違い、上を向く動作が多い(バレーボール、バトミントンのサーブなど)ため、照明が直接視線に入ってしまうことが多く、競技などに影響が出やすくなります。また、強い照明によってくっきりした影が出やすくなりデッドポイント(光が当たらず見えなくなるポイント)が出やすくなることなどが考えられます。



      ●LEDは水銀灯に比べ眩しい


       ・LEDは水銀灯に比べ眩しいのです。某スポーツ大会のバトミントン選手が「照明が今までより眩しく協議の妨げになるが、慣れるしかない」と話していました。
       ・最近では国内でもトンネルや外灯等でLED照明の眩しさについて議論される場が増えてきましたね。
       ・眩しさが引き起こす問題を今後は考えることが重要と私共は考えております。


      ●眩しさが引き起こす問題


       ・スポーツなどで照明が視界に入った際に目が眩むなど
        協議などの妨げや転倒など事故に結びつく可能性がある
       ・車の運転時など目が眩み運転の危険度が増す可能性がある
       ・外灯などで住宅の窓に入ってしまう照明の光が不快に感じる可能性がある

      では、本当に眩しさを我慢するしか無いのでしょうか?
      現在、眩しさの部分に着目し眩しさを抑えた商品の取扱を始めております。
      但し、眩しくないけど暗いでは意味はありません。

      続きを読む >>
      | | LED水銀灯代替 | comments(0) | - |